きららミラク休刊か…、芳文社雑誌発売日表から消える…&「ブレンド・S」のきららファンタジアへの参戦が正式発表!

休刊は悲しいなぁ…。

スポンサーリンク

きららミラクの休刊が確定

追記:ミラクにて休載が発表されました。詳細は以下記事にて↓

まんがタイムきららミラク本誌にて、ミラクが休刊することが発表されました。連載中の一部作品は他誌に移籍するという形になったので移行先を...

各種雑誌定期購読サイトや通販サイトにて販売の終了、10月16日をもって休刊といった情報が掲載されていたきららミラクですが、芳文社の雑誌発売日一覧ページにて11月以降の予定表にミラクの名前が掲載されていないことが確認されました。

きららファンタジアにも参戦する「うらら迷路帖」や、アニメ化もした「城下町のダンデライオン」(最近休載が多くて悲しいなぁ)などの作品は他へ移籍するという形を取るのでしょうか?

 

隔月や季刊の可能性

まだミラクの方から正式なアナウンスが出された訳ではないので、休載ではなく隔月か季刊へ変更という可能性もありますが、どちらにせよ縮小されることはほぼ確定っぽいですね…。

 

連載中の作品はどうなるのか?

ミラク初期の頃は「純粋欲求系リビどる(1巻発売後休載)」や「あすみが丘SPS!(4話で打ち切り、後に作者:奄美あまゆ先生が連載分をまとめた同人誌出版)」、「寄り道ファミリ(1巻発売後休載)」といったように割とスパッと切られることが多かっただけに(何か事情があったかもしれませんが)、連載中の作品の処遇が気になる所ですね。

他雑誌に移籍以外にもWebコミック形式であるきららベース(ミラク連載作品「がんくつ荘の不夜城さん」などが連載中)といった受け皿があるので、ほとんどの作品をバッサリ切り捨てる、という事は無いとは思いますがどうなるのでしょうか…。

あfろ『mono』、描く調子『広がる地図とホウキ星』、まえじま『となり暮らしのねこめがね』などを切ったら許さねぇからなぁ~。

 

「ブレンド・S」参戦決定

ブレンド・Sとは

中山幸先生が描く、「まんがタイムきららキャラット」にて連載中の喫茶店「スティーレ」を舞台にそこで働く従業員の交流を描いた作品。ツンデレ・妹など、店員がさまざまな「属性」を演じて業務をこなしています。「スティーレ」に新人アルバイトとして入った桜ノ宮苺香がリクエストされたのは「ドS」キャラ。彼女たちが一生懸命働く姿と、時折垣間見えるキャラクターの意外な一面が魅力的な4コマ漫画です。

記事を書いたけど投稿するの忘れてた(無能)。

現在TVアニメが放送中である『ブレンド・S』のきららファンタジア参戦が正式に発表されました。おめでとうございます!

これは今後アニメが放映される「ゆるキャン」や「スロウスタート」も期待して良い!ってことですかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする